実印印鑑を購入する時

Pocket

今回は“印鑑の中でも実印の購入”についてのお話です。印鑑は生活の中のあらゆるシーンで使用しますから、自分専用の印鑑を最低1つは持っていたいと思える雑貨の1つです。
印鑑と言っても多種多様あり用途も様々ですから、たとえば認め印と実印の違いを説明しなさいと言われて、はたと困ってしまう人が多いはずです。もっともいちいちそこまで深く考えなくても通常はなんとはなしに使えてしまいますから、わざわざ話題にするほどの事ではないと言ってしまえばそれまでです。

実はこれを知らなかったゆえに、かなり損をしているかもしれない、または思いがけないトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるとしたら、どうでしょう。

まず印鑑の種類についてですが印鑑には銀行印・認め印・法人印・実印とあり、銀行印とは文字通り銀行口座を開設する際に使用する印鑑を指しますし、認め印は宅急便や新聞の支払いなどの時に使用される事が一般的です。法人印とは会社設立の時や他社との契約時、あるいは銀行から融資を受けるときなどに主として使用される実印の一種です。

役場関係の書類作成時に欠かせないのが実印です。とはいえ役所関係の書類作成をする機会も、経営者でない限り法人印を使うこともあまりなさそうですし、価格も安いものなら100円市で購入できますから安いもので充分ですし、法人印はともかくすべて一緒くたにして1つの印鑑で間に合わせているという人も多くいます。
安くても高くても素人目に違いがほとんどわかりません。もちろん高ければ良いというものではありませんが、特に実印購入の際に留意しておきたい、とても大切なポイントがあるのです。